『監獄の誕生』と刑罰学の言説

個数:

『監獄の誕生』と刑罰学の言説

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 02時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784589043290
  • NDC分類 326.52
  • Cコード C3032

出版社内容情報

「刑罰はなぜ刑務所収容という形態をとるのか」という刑事政策の起点となる問いを手がかりに、刑法学等の刑罰をめぐる言説の理論的相違を整理。フランスの哲学者ミシェル・フーコー(1926-84)の『監獄の誕生』(1975)後における刑罰学のあり方を展望する。

目次

第1章 講義『処罰社会』での分析
第2章 『監獄の誕生』を読む1―刑罰改革と規律社会の到来
第3章 『監獄の誕生』を読む2―犯罪性概念と違法慣習
第4章 フーコーの分析と犯罪学の言説
第5章 フーコーの分析と刑罰学の言説
第6章 『監獄の誕生』後の刑事政策

著者等紹介

赤池一将[アカイケカズマサ]
1956年生まれ。中央大学法学部、同大学院、エクス・マルセイユ第三大学第三期(博士)課程DESU(1986)、高岡法科大学教授を経て、龍谷大学法学部教授。その間、ポー大学(2009)、ポワチエ大学(2015、2019)、エクス・マルセイユ大学(2018‐2019)の各客員教授、法と刑事制度に関する社会学研究センター(CESDIP、パリ)客員研究員(2009‐2010)、日本犯罪社会学会理事、フランス語圏刑事法学者会議副会長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みちしるべ

0
フーコー=監獄だったが、フーコー=規律(権力の発現)が正解だったか… 倫理や政治学の授業は、論文・著作を読む形をとるべき 近代社会では、規律を守れない=反権力と受け取られるのを社会に出る前に知ることができたのに…2024/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21790902
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。