貿易紛争とWTO―ルールに基づく紛争解決の事例研究

個数:

貿易紛争とWTO―ルールに基づく紛争解決の事例研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 19時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589042224
  • NDC分類 678.3
  • Cコード C1032

内容説明

大国が二国間協議で貿易紛争を解決しようとする昨今、WTOを紛争解決にどのように生かすことができるのか。WTOによる紛争処理事例の背景や処理後の状況まで踏み込んで検討することで、多国間ルールに基づく紛争処理の実態と成果を明らかにする。WTO紛争処理の今後の可能性と課題を論じる。

目次

序章 WTOのルールと紛争処理
第1章 租税政策や産業政策に関する措置
第2章 資源や環境を保護するための措置
第3章 生命や健康を保護するための措置
第4章 不公正貿易に対する措置
第5章 産業振興のための補助金
第6章 安全保障のための措置
終章 WTO紛争処理の現状と貿易紛争処理の今後

著者等紹介

福永有夏[フクナガユカ]
早稲田大学社会科学部教授。一橋大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了・博士課程退学、カリフォルニア大学バークレー校LL.M.課程修了。博士(法学)(東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。