批判的安全保障論―アプローチとイシューを理解する

個数:

批判的安全保障論―アプローチとイシューを理解する

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年05月16日 22時22分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 262p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589041814
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C1031

出版社内容情報

既存の国際政治学や安全保障論の方法論を批判的に整理し、冷戦後の安全保障の展開と安全保障概念の本質的論争を考察のうえ、批判的安全保障の理論を網羅的に概説。欧米ではすでに学問領域として定着している批判的安全保障論の、日本で初めて刊行される体系的概説書。

目次

批判的安全保障論とは何か
第1部 アプローチ(社会構成主義と批判理論;ポスト構造主義と国際政治社会学;セキュリタイゼーション;ポストコロニアリズムと安全保障;ジェンダー化する安全保障)
第2部 争点と事例(環境と批判的安全保障―気候の危機からジオ・パワーへ;保健と批判的安全保障―人命は防衛されなければならない?;人間の安全保障論の現状と展望―政策と研究の交錯点としての人間の安全保障;経済安全保障―安全保障諸概念の深層へ向けた問いかけ;グローバルな移民/難民問題と安全保障―移民/難民の境界線の画定と名付け;批判地政学と安全保障―地政学をローカルに考えて見えてくる世界の複雑さ;テロリズムの夜明け、リアリズムの黄昏―拡散する例外状態;日米同盟/在沖縄米軍基地システムの中の沖縄―解放/承認としての安全保障)

著者等紹介

南山淳[ミナミヤマアツシ]
筑波大学人文社会系准教授

前田幸男[マエダユキオ]
創価大学法学部教授。国際基督教大学社会科学研究所研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。