戦中・戦後文化論―転換期の日本の文化統合

個数:

戦中・戦後文化論―転換期の日本の文化統合

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 362p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589040992
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C3021

内容説明

小説家、力士、出版界、雑誌、天皇制など、戦中・戦後の文化・政治を特徴づける多くの個別テーマ研究を、戦中・戦後の通史的構成のなかに配置し再評価する。著者の複合的な歴史観と多様な観点による、これまでの研究の集大成。

目次

第1部 戦中編(アジア・太平洋戦争下の国民統合と社会;太平洋戦争期の青少年不良化問題;戦時下の相撲界―笠置山とその時代)
第2部 戦後・占領期編(戦後・占領期の社会と思想;出版界の戦争責任と情報課長ドン・ブラウン;占領の傘の下で―占領期の『思想の科学』;占領期日本のナショナリズム―山田風太郎の日記を通して)
第3部 転換期日本の文化(戦中・戦後のイデオロギーと文化;書評・鶴見俊輔『戦時期日本の精神史』)
第4部 象徴天皇制論(藤田省三の象徴天皇制論;近年の象徴天皇制研究と歴史学)

出版社内容情報

ファシズム期日本の文化論、社会史、思想史の泰斗である著者の歴史研究を戦中戦後の通史的構成の下に編み直す。象徴天皇制など政治的意味合いの強い題材を取り上げ、イデオロギーのみでは捉え切れない視点から社会の実像に迫る画期的労作。