これからの消費者法―社会と未来をつなぐ消費者教育

個数:

これからの消費者法―社会と未来をつなぐ消費者教育

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589040787
  • NDC分類 365
  • Cコード C1032

出版社内容情報

被害の救済・予防のための法解説だけでなく、消費の質を問い、持続可能な社会の実現へ向けた消費のあり方や法制度の要点をわかりやすく概説。社会を構成する市民=生活者として、いま何が問われ、消費を通じて社会と未来への責任をどう果たすかを考察する。消費者教育の指針も明示。

目次

はじめに 消費者法を学ぼうとする人にまず考えてほしいこと
1 消費者法をどのように学ぶか?
2 自分の消費生活が誰かによって配慮され、介入されているという事実
3 消費者としての自分の権利を知る
4 自分を取り巻く消費社会
5 自分を取り巻く社会と世界
6 一番大切なこと、忘れてはならないこと

著者等紹介

谷本圭子[タニモトケイコ]
立命館大学法学部教授

坂東俊矢[バンドウトシヤ]
京都産業大学法学部教授

カライスコス,アントニオス[カライスコス,アントニオス] [Karaiskos,A.]
京都大学大学院法学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。