RECNA叢書<br> 核兵器禁止条約の時代―核抑止論をのりこえる

個数:

RECNA叢書
核兵器禁止条約の時代―核抑止論をのりこえる

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年04月21日 02時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 203p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589039989
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3031

目次

巻頭インタビュー オバマ政権核政策の内幕を語る
1 核兵器禁止条約と核軍縮(核兵器禁止条約をめぐる日本の誤った選択;核兵器のない世界に向けて―StigmatizationとDelegitimization;核兵器禁止条約はこうして実現した―国境を超える市民社会の力;国連事務次長が語る核軍縮)
2 核先制不使用と核抑止(核先制不使用と信頼性のある抑止力;核先制不使用―日本国内の賛否両論を克服する道;トランプ政権の核戦略)
3 北朝鮮の非核化(米朝会談と北東アジアの安全保障;米中対立が朝鮮半島に与える影響)
補論 「業の兵器」を「業の条約」でなくす

著者等紹介

山口響[ヤマグチヒビキ]
Journal for Peace and Nuclear Disarmament(J‐PAND)編集長補佐。長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

いま、核兵器をめぐって「規制」と「強化」という対立する2つの潮流がせめぎ合っている。この潮流について論究した英字学術誌 Journal for Peace and Nuclear Disarmament(J-PAND)から10本を精選し邦訳した論考集。『補論』にて、せめぎ合うダイナミズムを本書からどう読み取るのかを補った。