デモクラシーとセキュリティ―グローバル化時代の政治を問い直す

個数:

デモクラシーとセキュリティ―グローバル化時代の政治を問い直す

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589039330
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C3031

内容説明

第一線の政治学者がデモクラシーとセキュリティの交差を論じる。

目次

グローバル化と政治の危機
1 グローバル化の中のデモクラシー(グローバル化時代の集団的自己決定;資本主義と民主主義はなおも両立可能か;戦争と難民の世紀からテロリズムの世紀へ―国際美術展における政治とセキュリティの表象;代表制、参加、民主主義の民主化―自由民主主義体制の危機;リベラル・デモクラシーを下支えする「公共精神」をどこに求めるか―新自由主義的世界におけるネイションの規範的重要性の再評価)
2 グローバル化の中のセキュリティ(領土と主権に関する政治理論上の一考察―暴力、人民、国連をめぐるアポリアに抗して;ポスト・ヘゲモニー時代の国際秩序思想―地政学的思考の陥穽;例外状態における正統性をめぐる政治―セキュリティによる統治/民衆による支配)

著者等紹介

杉田敦[スギタアツシ]
法政大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

境界線の再強化、テロリズム、日本の安保法制・代議制民主主義の機能不全など政治の諸相を深く分析。政治理論が主に考究してきたデモクラシーの問題と、国際政治学が主に扱ってきたセキュリティの問題がグローバル化の中で交差している。第一線の政治学者・国際政治学者が境界線の再強化、テロリズム、日本の安保法制・代議制民主主義の機能不全などの政治の諸相を深く分析。

杉田 敦[スギタアツシ]
著・文・その他/編集

押村 高[オシムラタカシ]
著・文・その他

田村 哲樹[タムラテツキ]
著・文・その他

五野井 郁夫[ゴノイイクオ]
著・文・その他

千葉 眞[チバシン]
著・文・その他

白川 俊介[シラカワシュンスケ]
著・文・その他

前田 幸男[マエダユキオ]
著・文・その他

高橋 良輔[タカハシリョウスケ]
著・文・その他

山崎 望[ヤマザキノゾミ]
著・文・その他