人口減少を乗り越える―縦割りを脱し、市民と共に地域で挑む

個数:

人口減少を乗り越える―縦割りを脱し、市民と共に地域で挑む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月26日 11時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 202p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589039200
  • NDC分類 334.31
  • Cコード C1036

目次

序章 人口減少社会の到来
第1章 人口減少地域の現状
第2章 人口減少地域の課題と対策の方向性
第3章 保育サービスの充実―重い自己負担、待機児童と保育所閉所、小一の壁
第4章 育児の経済的支援―高齢者に偏重する社会保障、重い教育費負担
第5章 人口減少対策としての地域包括ケア
第6章 制約社員の働きやすい地域づくり―縦割りを越えた包括的な両立支援
第7章 人口減少を防ぐためのまちづくり
第8章 提言―縦割りを越える、市民の力を借りる

著者等紹介

藤本健太郎[フジモトケンタロウ]
1967年山口県出身。1991年東京大学経済学部経済学科卒業。1991~2002年厚生省(当時)に入省し、年金局企業年金国民年金基金課企画係長、社会・援護局企画課課長補佐、大臣官房政策課課長補佐等を歴任。1999~2002年在ドイツ日本国大使館一等書記官。2002~2004年内閣官房行政改革推進本部特殊法人等改革推進室参事官補佐。2004~2008年大分大学准教授。2008~2016年静岡県立大学准教授。2016年~静岡県立大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人口減少の実態や影響を概観し、育児/介護支援の拡充に向けて、従来の縦割りを越えた包括的な人口減少対策を提言する。

藤本 健太郎[フジモトケンタロウ]
著・文・その他