地方自治論―変化と未来

個数:

地方自治論―変化と未来

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2018年06月18日 11時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 274p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589039040
  • NDC分類 318
  • Cコード C1031

内容説明

地方自治を学ぶ幅広い人々を対象にしたテキスト。2000年の地方分権一括法施行以後の日本の地方自治について、分析の視点を提示し、課題を明らかにし、また、将来に向けて、新たな視点や問題提起を行うことをめざす。

目次

自治体という存在―群民的自治体観と機構的自治体観
国と自治体の役割分担―それぞれが担う行政と政治
大都市制度―都市の役割は何か?
自治体の統治制度―仕組みと運用
地方議会の役割―住民・議会・首長の新たな関係
自治立法権―機能と実践
自治体行政計画―仕組みとプロセス
自治体の税財政―制度と予算
自治体と民間の役割分担―すみ分けと協働
まちづくりと自治―まちの政策論〔ほか〕

著者等紹介

幸田雅治[コウダマサハル]
神奈川大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

行政学、行政法学、社会学、哲学などの視点をとり入れ、「自治体とは何か」から住民論へと展開していく、学際的な地方自治論。

幸田 雅治[コウダマサハル]
著・文・その他/編集

金井 利之[カナイトシユキ]
著・文・その他

牛山 久仁彦[ウシヤマクニヒコ]
著・文・その他

大杉 覚[オオスギサトル]
著・文・その他

入江 容子[イリエヨウコ]
著・文・その他

板垣 勝彦[イタガキカツヒコ]
著・文・その他

長野 基[ナガノモトキ]
著・文・その他

沼尾 波子[ヌマオナミコ]
著・文・その他

江藤 俊昭[エトウトシアキ]
著・文・その他

内海 麻利[ウチウミマリ]
著・文・その他

中澤 秀雄[ナカザワヒデオ]
著・文・その他

内山 節[ウチヤマタカシ]
著・文・その他