実務 知的財産権と独禁法・海外競争法―技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として

個数:

実務 知的財産権と独禁法・海外競争法―技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月17日 05時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589038500
  • NDC分類 507.2
  • Cコード C1032

目次

第1章 知的財産権と競争法適用の調和(特許の排他権;特許濫発と「特許の薮」 ほか)
第2章 競争者間協調と競争法・独禁法―技術標準化とパテントプール(技術「標準化」のための協調行動;パテントプールのメリット ほか)
第3章 知財行使による競争者排除と競争法・独禁法(「競争者排除」規制か「搾取的濫用」規制か;知財に認められた排他権と競争者排除行為規制 ほか)
第4章 標準化ホールドアップと競争法・独禁法(「標準必須特許」の市場支配力;パテント・トロール問題 ほか)
第5章 知財ライセンス条項と競争法・独禁法(ライセンスに対する競争法適用の留意点;競争法と特許権の調整 ほか)

著者等紹介

滝川敏明[タキガワトシアキ]
京都大学法学部卒業。公正取引委員会事務局入局後、カリフォルニア大(バークレー)経営大学院修了(MBA)。OECD日本政府代表部一等書記官、公正取引委員会産業調査室長・審判官室長・渉外室長、富山大学経済学部教授、関西大学法科大学院教授を経て、関西大学法学部教授。フルブライト奨学金ジョージワシントン大ロースクール研究員(2009年度)。カリフォルニア大(バークレー)ロースクール客員研究員(2012年度)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

知的財産権(特許権)に関わる企業活動と米EU日中競争法との関係を、基礎知識解説、図表、具体例により解説。

滝川 敏明[タキガワトシアキ]
著・文・その他