立命館大学人文科学研究所研究叢書<br> ポピュリズムのグローバル化を問う―揺らぐ民主主義のゆくえ

個数:
  • ポイントキャンペーン

立命館大学人文科学研究所研究叢書
ポピュリズムのグローバル化を問う―揺らぐ民主主義のゆくえ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月26日 21時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 282p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589038395
  • NDC分類 311.7
  • Cコード C3031

目次

第1部 ポピュリズムとは何か(ポピュリズムの政治空間;デモクラシーの影のなかに―グローバル・ポピュリズムの可能性)
第2部 ポピュリズムと民主主義の危機(南欧におけるポピュリズムの展開とデモクラシーの危機―イタリアを中心に;フランスのポピュリズム―統合と排除の狭間で;合意型民主主義におけるポピュリズム政党の成功―ベルギーを事例に;北欧ポピュリズム―反税から反移民へ;国境を守るのは誰か?―アメリカ合衆国の移民管理とポピュリズム)
第3部 民主化とポピュリズムの台頭(ロシアにおけるポピュリズムの展開;現代ラテンアメリカのポピュリズム―新自由主義とグローバル化を共鳴板として;東南アジアのポピュリズム―フィリピンとタイにおけるポピュリズムと政治的包摂;復活する地方アイデンティティ:統合と分離―インドネシア・バリ州におけるポピュリズムの考察;日本のポピュリズム―政治的基盤)

著者等紹介

中谷義和[ナカタニヨシカズ]
立命館大学名誉教授・同大学人文科学研究所上席研究員

川村仁子[カワムラサトコ]
立命館大学国際関係学部准教授

高橋進[タカハシススム]
龍谷大学法学部教授

松下冽[マツシタキヨシ]
立命館大学特別任用教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

欧米、ロシア、南米、東南アジア、日本のポピュリズム現象の多角的検討を通して、その理論と動態を分析、理論化を試みる。

中谷 義和[ナカタニヨシカズ]
著・文・その他/編集

川村 仁子[カワムラサトコ]
著・文・その他/編集

高橋 進[タカハシススム]
著・文・その他/編集

松下 冽[マツシタキヨシ]
著・文・その他/編集

山下 範久[ヤマシタノリヒサ]
著・文・その他

國廣 敏文[クニヒロトシフミ]
著・文・その他

松尾 秀哉[マツオヒデヤ]
著・文・その他

渡辺 博明[ワタナベヒロアキ]
著・文・その他

南川 文里[ミナミカワフミノリ]
著・文・その他

溝口 修平[ミゾグチシュウヘイ]
著・文・その他

山根 健至[ヤマネタケシ]
著・文・その他

井澤 友美[イザワトモミ]
著・文・その他

鈴木 規夫[スズキノリオ]
著・文・その他