逆光の政治哲学―不正義から問い返す

個数:

逆光の政治哲学―不正義から問い返す

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 09時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589037619
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C1031

内容説明

政治社会への新しい視座を導く案内書。「正義」からではなく「不正義」から見ると自明とされている制度や規範はどのように異なって見えるのか。思想家たちが問題を発見してきた視座に注目し、この社会の政治を問い返す。

目次

不正義から問い返す政治
リベラリズムの誕生と逆説―迫害と不寛容の罠
植民地主義と不正義―カント:世界市民法の構想
功利主義と不正義―ベンサム:快苦の非対称性
自由のないデモクラシー―トクヴィル:「行政の専制」
労働と所有の不正義―マルクス:貧困・疎外・奴隷制
「自然」であるという表象―グラムシ:自然的劣等の問題化
ホロコーストを問い直す思想―フランクフルト学派の展開
全体主義的思考を超えて―アーレント国家への問いかけ
フェアネスと正義/不正義―アファーマティヴ・アクションの困難
正義論の不正義―フェミニズムからみた労働の社会規範
グローバルな不正義と貧困―グローバル・インジャスティス:再考
責任ということの思想化―丸山眞男における戦後
悪の政治学―逆光のポリティクス

著者等紹介

姜尚中[カンサンジュン]
東京大学名誉教授、熊本県立劇場館長

齋藤純一[サイトウジュンイチ]
早稲田大学政治経済学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えむ

0
気鋭の政治哲学研究者を中心とした執筆人による政治哲学に関する論考集。「悪」に照準を合わせ「逆光」から政治哲学を照射するという基本線は共通しつつも、比較的各論考は自由に書かれており、そういう意味での読み応えを感じる一冊だった。2018/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10914389

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。