保護観察とは何か―実務の視点からとらえる

個数:

保護観察とは何か―実務の視点からとらえる

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 259p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589037459
  • NDC分類 326.56
  • Cコード C3032

出版社内容情報

保護観察制度の体系や第一線で活躍する保護観察官による事例研究等から、これまでの到達点と限界、今後の課題を示す。関係者必読の書

今福 章二[イマフクショウジ]
今福 章二(法務省保護局観察課長)

小長井 賀與[コナガイカヨ]
小長井 賀與(立教大学コミュニティ福祉学部教授)

内容説明

社会内処遇の可能性と限界について理解するための手がかりが得られる恰好の書。

目次

第1部 保護観察総論(保護観察とは;刑の一部執行猶予と保護観察;保護観察の処遇効果;世界の保護観察の動向)
第2部 保護観察処遇の現状(統計で見る保護観察―保護観察付執行猶予を中心に;薬物依存からの回復のための保護観察処遇;薬物依存の理解と処遇の現状;薬物依存者回復施設との共働―地域における支援とダルク;専門的処遇プログラムと保護観察;立ち直りを支える保護観察)
第3部 事例で見る保護観察処遇(薬物事犯者に対する処遇1 ―集団プログラムの活用事例;薬物事犯者に対する処遇2 ―ダルクや医療とかかわった事例;薬物事犯者に対する処遇3 ―更生保護施設の活用事例;性犯罪者に対する処遇;窃盗事犯に対する処遇;未熟な若年者に対する処遇;知的障害者と保護観察処遇)

著者等紹介

今福章二[イマフクショウジ]
法務省保護局総務課長

小長井賀與[コナガイカヨ]
立教大学コミュニティ福祉学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。