ワーク・ライフ・バランスのすすめ

個数:

ワーク・ライフ・バランスのすすめ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 152p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589036445
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C1036

目次

第1部 ワーク・ライフ・バランスの基本(ワーク・ライフ・バランスとは;今、なぜワーク・ライフ・バランスが必要なのか;働く人の現状;ワーク・ライフ・バランスについての視点)
第2部 ワーク・ライフ・バランスの実践(残業の削減と業務の効率化;経営戦略と人事管理;仕事と育児・介護との両立;若者の就業問題・結婚・家族;メンタルヘルスと豊かな人生)

著者等紹介

村上文[ムラカミアヤ]
帝京大学法学部法律学科教授。1977年東京大学法学部卒業、労働省入省。1996年労働省婦人局婦人福祉課長。1998年厚生省老人保健福祉局老人福祉振興課長、介護保険実施推進本部員。2001年内閣府男女共同参画局推進課長。2003年厚生労働省埼玉労働局長。2006年財団法人21世紀職業財団専務理事。2011年帝京大学法学部法律学科教授(~現在)。2012年4月~佐賀県立男女共同参画センター・生涯学習センター館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

makio37

1
まず、第Ⅰ部のWLBに関する各種データが充実している。そして何より『月間総務』連載内容がまとまった第Ⅱ部では、実際の担当者の苦労話も聞けて参考になった。例えば、長時間労働と仕事第一で成功してきた上司が男性部下の育休取得を快く感じないことは予想できた。だが逆に、過剰な配慮で容易過ぎる仕事を配分してしまう傾向などは、実際の現場の声を捉えた著者だから書ける内容ではないか。「ライフ」にのみ重心を置こうとする社員、自分の都合や権利ばかりを主張して同僚への配慮に欠ける社員の話なども生々しい。2016/08/07

わきが

0
若者,高齢者,子育て世代など,あらゆる世代が直面するワーク・ライフ・バランスの課題とその取り組みが書いている.1節が短くて,読みやすい.グローバル化,経済の低迷などによって,私たちの親世代で当たり前だった価値観が崩れている.そういった状況下で,ワーク・ライフ・バランスがうまくいくように取り組んでいくことの重要性がわかった.ワーク・ライフ・バランスでは,「ワーク」と「ライフ」いずれにも偏り過ぎないようにすることを説く.過労死や長時間労働は論外であるが,権利ばかりを主張し過ぎないように気をつけようと思った.2017/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9011755

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。