ひと・まち・ものづくりの経済学―現代産業論の新地平

個数:

ひと・まち・ものづくりの経済学―現代産業論の新地平

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 319p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589034458
  • NDC分類 600
  • Cコード C1033

目次

現代産業論の新地平―ひと・まち・ものづくりの三位一体アプローチ
第1部 ものづくりとひとづくり―技術と現場のダイナミズム(ものづくりと技術・技能―「型」とひとづくりの視点;現場重視のものづくりと経営戦略―東国製鋼モデルにみる経営革新と日韓比較の視点;伝統産業のハイテク化と熟練技能伝承―日本の中小メーカーにみる「型」と創造のダイナミズム)
第2部 ものづくりとまちづくり―産業と地域の文化的創造(産業・地域の文化的創造とブルーツーリズム;陶磁器産業と地域の文化的再生―瀬戸ノベルティ・モデルにみる新たな視点;伊万里・有田焼の産業振興とまちづくり―産業と地域、伝統と創造のダイナミズム ほか)
第3部 「働・学・研」融合とひとづくり―労働と人生の文化的創造(工場と人間発達―『資本論』にみる労働と学びの原点;“働きつつ学ぶ”現場研究のダイナミズムと秘訣―「働・学・研」融合の3次元体験と原型づくりを通して;「働・学・研」融合の経験知と新地平―“働きつつ学ぶ現場研究”シンポジウムの総括と課題)
環境文化革命と人間発達

著者等紹介

十名直喜[トナナオキ]
1948年兵庫県に生まれる。1971年神戸製鋼所入所(92年1月まで)。1992年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、名古屋学院大学経済学部助教授。1994年京都大学博士(経済学)。現在、名古屋学院大学経済学部/大学院経済経営研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。