低炭素社会への道程―ドイツの経験と地球温暖化の政治・経済学

個数:

低炭素社会への道程―ドイツの経験と地球温暖化の政治・経済学

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589033178
  • NDC分類 451.35
  • Cコード C1036

内容説明

地球温暖化対策への投資は未来社会の礎。エネルギー転換に成功したドイツ、失敗した日本。経済インセンティブと目標達成のための途筋を学ぶ。

目次

「2013年以降」とその展望
第1部 環境先進国ドイツに見る低炭素社会への道(脱化石・脱原発を目指すドイツの環境エネルギー政策;環境首都フライブルクの都市交通政策;市民参加型エコ住宅地づくり―フォーラム・ヴォーバンとその経験;市民が主役の再生可能エネルギー普及―シェーナウEWSとフライアムト村)
第2部 地球温暖化問題の政治・経済学(地球温暖化防止の国際的枠組み;環境税と排出権取引―温暖化防止の経済インセンティブ;低炭素社会を拓く再生可能エネルギー;低炭素社会への環境経済戦略)
ドイツに学ぶ低炭素社会への道

著者等紹介

遠州尋美[エンシュウヒロミ]
大阪経済大学経済学部教授

柏原誠[カシハラマコト]
大阪経済大学経済学部専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。