台湾法の歴史と思想

個数:

台湾法の歴史と思想

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 181p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589031792
  • NDC分類 322.22
  • Cコード C3032

目次

第1部 日本統治下の台湾法(台湾法史研究の意義;日清条約と台湾の領有;台湾統治基本法の変遷;裁判所制度の創設と変遷;刑事法;民事法)
第2部 第二次大戦後の台湾法(党国体制下の政治と法;台湾経済の発展と戒厳令解除後の法;戦後台湾における祭祀公業の変遷)
第3部 台湾人の法観念(台湾における罪観念―『玉歴鈔伝』の描く罪とその予防;法文化と食文化)

著者等紹介

後藤武秀[ゴトウタケヒデ]
1954年、兵庫県生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。同大学院法学研究科刑事法専攻博士前期課程を経て、1984年後期課程中退。1986年、敦賀女子短期大学日本史学科専任講師。1991年、東洋大学法学部法律学科専任講師。同助教授をへて、東洋大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。