ヨーロッパ契約法原則〈3〉

個数:

ヨーロッパ契約法原則〈3〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 281p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589031235
  • NDC分類 324.93
  • Cコード C3032

目次

ヨーロッパ契約法原則3条文
ヨーロッパ契約法原則3注解(多数当事者;債権譲渡;債務者の交替、契約の譲渡;相殺;時効;違法性;条件;利息の元本の組入れ)

著者紹介

ランドー,オーレ[ランドー,オーレ][Lando,Ole]
コペンハーゲン・ビジネススクール教授

クライフ,エリック[クライフ,エリック][Clive,Eric]
エジンバラ大学ロースクール客員教授

プリュム,アンドレ[プリュム,アンドレ][Pr¨um,Andr´e]
ルクセンブルク大学教授

ツィンマーマン,ラインハルト[ツィンマーマン,ラインハルト][Zimmermann,Reinhard]
マックスプランク外国私法・国際私法研究所所長、レーゲンスブルク大学教授(兼任)

潮見佳男[シオミヨシオ]
京都大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ヨーロッパ統一契約法制定に向けて試みられた統一法モデル「ヨーロッパ契約法原則Ⅲ」の条文と注解の翻訳。EU域内の一般契約法の調和のために枠組を提示する。