対論 憲法を/憲法からラディカルに考える

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

対論 憲法を/憲法からラディカルに考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 282p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784589030955
  • NDC分類 323.14

内容説明

三つの「対論」は、「憲法を考える」ことが、どれほど知的にラディカルな営みであり、「憲法から考える」ことで、現代日本の国家・社会の問題性をどれだけラディカルに問い直すことができるのか、その可能性を示してくれるだろう(プロローグより)。

目次

第1部 憲法は何のためにあるのか(基調論考 それでも「公共」としての国家を;基調論考 立憲主義・共和主義と政治;対論 樋口陽一×杉田敦)
第2部 愛国心と教育(基調論考 民主制における個人の自律性と国民意識のジレンマ;基調論考 「反権力という権力」とナショナリズム;対論 西原博史×北田暁大)
第3部 自由と福祉(基調論考 自由と福祉―統合原理としてのリベラリズムの再定義;基調論考 自由の相互承認としての憲法;対論 井上達夫×齋藤純一)