• ポイントキャンペーン

新・環境法入門―公害から地球環境問題まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589030306
  • NDC分類 519.12

目次

第1部 環境法の基礎(環境法の生成と展開;環境法の理念と構造;環境保護の主体;環境保護の手法1 規制的手法;環境保護の手法2 非規制的手法;廃棄物をめぐる法の仕組み;自然保護の仕組み;環境アセスメント;環境被害の救済;環境民事訴訟;環境行政訴訟;地球環境問題と法)
第2部 事例で学ぶ環境法(大気汚染―東京大気汚染公害訴訟を中心に;水質汚濁―水俣病事件;都市型土壌汚染;廃棄物処分場の差止め;廃棄物の不法投棄;リスク型環境汚染―アスベスト・ダイオキシン;自然保護―河川・海浜;自然の権利;景観・まちづくり;原子力問題と環境)

著者紹介

吉村良一[ヨシムラリョウイチ]
立命館大学法学部教授

水野武夫[ミズノタケオ]
弁護士(大阪弁護士会)、立命館大学法科大学院教授

藤原猛爾[フジワラタケジ]
弁護士(大阪弁護士会)、立命館大学法科大学院非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

環境法の全体像を市民・住民の立場から学ぶ。I部では公害・環境問題の展開と環境法の基本概念を概説、Ⅱ部では環境問題の事例から法的争点と課題を探る。章構成を大幅に改めた最新版。