社会政策学会誌<br> 働きすぎ―労働・生活時間の社会政策

個数:
  • ポイントキャンペーン

社会政策学会誌
働きすぎ―労働・生活時間の社会政策

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 289p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589029379
  • NDC分類 366.32

内容説明

両立可能な仕事・生活時間のあり方を考える。構造化する長時間労働の実態をとらえ、現状を打開する方策をさぐる。

目次

1 共通論題 労働・生活時間の構造変化から見る社会政策(農民の時間から会社の時間へ―日本における労働と生活の歴史的変容;ジェンダー視点からみた労働・生活時間の配分構造―統計による日本の実態の把握と検討;EU労働法政策における労働時間と生活時間―日本へのインプリケーション ほか)
2 テーマ別分科会 報告論文と座長報告(ドメスティック・バイオレンス防止法のインパクトと社会政策;東京における産業・就業・福祉―地域における産業=福祉政策の接点;90年代における鉄鋼業の合理化 ほか)
3 投稿論文(ジェンダー視角から見た全電通「育児休職」協約化の成立過程―1960年代の“家族的責任”と女性労働;イタリアにおける移民労働者と家事・介護労働―2002年の正規化施策以降の展開;東京における商店街動向と産業振興施策の課題―自営業者の就業・生活実態調査から)