環境平和学―サブシステンスの危機にどう立ち向かうか

個数:
  • ポイントキャンペーン

環境平和学―サブシステンスの危機にどう立ち向かうか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 242,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589028839
  • NDC分類 519
  • Cコード C1031

目次

第1部 開発主義世界への問題提起(維持可能な社会への架橋のために―サブシステンス視座の含意;グローバルエコノミー(開発経済学)に対する史的・理論的批判―平和のための経済学をめざして
潜在能力アプローチの批判的検討 ほか)
第2部 サブシステンス志向の実践的課題(飢餓問題の解決とサブシステンス志向―エンタイトルメントと暴力概念によるフィリピンの山村・漁村の飢餓分析;開発のディレンマを越えて―大規模資源開発とグローカルネットワーク;サブシステンス志向のコミュニケーション―フィリピン民衆宗教行事にみる実践と課題 ほか)
第3部 環境平和学の構築(開発・安全保障からサブシステンスへ―脱安全保障論序説;サブシステンスと世界システム論;環境平和学としてのサブシステンス論)

著者紹介

郭洋春[カクヤンチュン]
立教大学経済学部教授

戸崎純[トサキジュン]
東京都立短期大学教授

横山正樹[ヨコヤママサキ]
フェリス女学院大学国際交流学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)