インド憲法とマイノリティ

個数:
  • ポイントキャンペーン

インド憲法とマイノリティ

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589028280
  • NDC分類 323.25

目次

序章 国民統合とマイノリティ(国民国家(ネイション・ステイト)とマイノリティ
インド憲法と国民統合 ほか)
第1章 インド憲法におけるマイノリティ
第2章 B.R.アンベードカルの憲法構想(被抑圧階級の代表としてのアンベードカル;憲法起草委員長としてのアンベードカル)
第3章 インド憲法における「基本権」の保障と「国家政策の指導原則」(インド憲法成立過程における「基本権」と「国家政策の指導原則」;「基本権」と「国家政策の指導原則」との関係 ほか)
第4章 インド憲法におけるアファーマティヴ・アクションと留保措置―マンダル事件判決(1992年)後の判決と最近の憲法改正を手がかりとして(インド憲法におけるアファーマティヴ・アクションと留保措置;インド憲法におけるマイノリティの保護と権利の保障)
資料

著者紹介

孝忠延夫[コウチュウノブオ]
現在、関西大学法学部教授・法学博士。1949年島根県生まれ。1982年関西大学大学院博士後期課程単位習得。1981年関西大学法学部助手、1994年より現職