ローカル・デモクラシー〈1〉分権という政治的仕掛け

個数:
  • ポイントキャンペーン

ローカル・デモクラシー〈1〉分権という政治的仕掛け

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 227,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784589028051
  • NDC分類 318

内容説明

ローカル・デモクラシーとは―ローカルという空間に間尺のあったデモクラシーを創造する必要性を問題とした枠組み、多様な担い手が、選挙のときだけではなく、日常的に無意識に繰り返す行為のなかに実現していく性質のもの。市民の政治生活を実現する21世紀的思想の枠組み。デモクラシーの原理をローカルで再構築する。

目次

序 協奏するローカルとデモクラシー―現場主義の思想
第1章 ローカル・デモクラシーの時代―地域という政治的主体
第2章 ローカル・デモクラシーの権力構造―分権型社会という仕組み
第3章 ローカル・デモクラシーの担い手たち―官民公私論の展開
第4章 ローカル・デモクラシーと市民性―ローカル・アクターの倫理
第5章 ローカル・デモクラシーと公共性1―秩序公共性の展開
第6章 ローカル・デモクラシーと公共性2―機能公共性の展開
結 ローカル・デモクラシーの創造―秩序と機能の相補性

著者紹介

薮野祐三[ヤブノユウゾウ]
九州大学大学院法学研究院教授。専攻は現代政治分析