アフリカ人の覚醒―タンガニーカ民族主義の形成

個数:
  • ポイントキャンペーン

アフリカ人の覚醒―タンガニーカ民族主義の形成

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 435,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589026187
  • NDC分類 311.3

内容説明

本書は、タンガニーカを独立に導いた民族主義組織タンガニーカ・アフリカ人民族同盟(TANU)が成立するまでの、初期民族主義組織アフリカ人協会(AA)に焦点を合わせた、タンガニーカ民族主義形成史に関する研究である。本書の目的は、イギリス植民地支配のもとで「タンガニーカ」のアフリカ人が「アフリカ人」としての民族的自覚をどのように認識するようになったのか、多様なアフリカ人組織はいかに形成され初期民族主義に接近したのか、初期民族主義組織AAの形成と発展はいかなるものであったのか、民族主義組織TANUはどのように成立したのか、総体としてタンガニーカ初期民族主義の全体像を描写することである。

目次

第1部 初期民族主義の形成(1920‐1939年)(植民地体制の確立;アフリカ人組織の誕生;アフリカ人協会の成立)
第2部 初期民族主義の展開(1939‐1948年)(植民地主義の危機;アフリカ人組織の多様化;アフリカ人協会の発展)
第3部 民族主義的運動の開始(1948‐1953年)(新しい植民地主義の出現;アフリカ人組織の民族主義的運動の展開;タンガニーカ・アフリカ人協会の成立)
第4部 民族主義運動の出発(1953‐1954年)(タンガニーカ・アフリカ人民族同盟の成立)
タンガニーカ民族主義の形成
文献と史料