有事法制を検証する―「9.11以後」を平和憲法の視座から問い直す

個数:

有事法制を検証する―「9.11以後」を平和憲法の視座から問い直す

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589026002
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3032

内容説明

「有事」関連三法案の背景とその問題点を総合的に批判・検証し、有事法制によらない平和構築のオルタナティブを提示する。

目次

第1部 9・11以後のアメリカと日本の対応(9・11事件とアメリカの軍事外交政策;9・11事件と日本の対外・国内政策;国際法からみたアメリカのアフガニスタン攻撃 ほか)
第2部 有事法制の展開と問題点(有事法制の歴史的展開―「三矢研究」から日米新ガイドライン関連法まで;「有事」対処システムの法的問題点―有事法案と立憲主義;“軍事的公共性”と基本的人権の制約―「政府解釈」を中心として ほか)
第3部 有事法制によらない平和保障(9・11事件以後の世界と平和憲法の役割;文明の衝突から文明の共存へ―ハンチントン批判を中心に;グローバリゼーションの下での構造的暴力―国際的な経済格差と貧困の解消にむけて ほか)

著者紹介

山内敏弘[ヤマウチトシヒロ]
1940年生まれ。現在、一橋大学大学院法学研究科教授