「近代」との対決―社会学的思考の展開 (増補改訂版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

「近代」との対決―社会学的思考の展開 (増補改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 02時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589025111
  • NDC分類 361

内容説明

本書は、「社会学原論」の講義から生まれた、学術専門書と教科書との中間の産物、中間的教養書的専門書である。かつてマルクス主義の側からはブルジョワ社会学と蔑視されてきた近代社会学の巨匠たちを取り上げている本書には、彼ら巨匠たちのマルクス主義に対する見解や批判が、随所に紹介されている。増補改訂版では、パーソンズ学説の退場と後期近代の学説による交替の原因をフェミニズムの台頭と関連づけ、本書で登場する社会学の巨匠たちすべての系譜関係を明確にし、今後の課題を述べる「エピローグ」を設けた。

目次

第1部 近代社会理論の背景:予備的考察(「近代」の展開と社会理論の方法論的諸類型;近代論にとって「社会主義の実験」とは何であったのか?)
第2部 中期近代未熟期の社会理論(デュルケームの社会理論と近代論;M・ウェーバーの社会理論の特質と近代論)
第3部 中期近代成熟期の社会理論(パーソンズ社会理論の形成と展開;近代社会と人間形成:フロイトとパーソンズ;パーソンズの社会変動論と近代論)
第4部 後期近代の社会理論(ハーバーマス「コミュニケーション的行為」理論の射程;ポストモダン論の台頭とモダン/ポストモダン論争;ギデンズ社会理論と近代論)

著者紹介

千石好郎[センゴクヨシロウ]
松山大学人文学部教授