岐阜経済大学研究叢書<br> 日本統計発達史研究

個数:

岐阜経済大学研究叢書
日本統計発達史研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 306,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589018892
  • NDC分類 350.12
  • Cコード C3033

内容説明

本書は、近代的意味の統計学が日本にあらわれた幕末維新期を、すなわち外国統計書や統計学書が精力的に移植され、吸収された時期を起点とする日本の統計発達の史的展開過程を、統計の歴史性の視点から社会経済構造の発展との連関で追求することをねらいとするものであり、筆者をとらえた諸論考を一つに編んだものである。

目次

第1部 統計学導入初期の諸相
第2部 国勢調査前史にみる統計調査の形成過程
第3部 総合統計書の成立過程