生命倫理と公共政策

個数:

生命倫理と公共政策

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2019年10月18日 07時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588675232
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C1036

内容説明

生命倫理が問われる生殖補助医療、人工妊娠中絶、遺伝医療と再生医療、臓器移植、終末期医療の各テーマをめぐって、これまで国内外で積み重ねられてきた重要な論点を総ざらいし、公共政策の視点から問題の所在を明らかにする。「個人の自由」「共生」「自然性」を理念とする著者独自の政策原則のもと、膨大な先行文献をふまえ、将来への展望を示す斬新な研究・概説書。

目次

序章 生命倫理と政治
第1章 生殖補助医療
第2章 人工妊娠中絶
第3章 遺伝医療と再生医療
第4章 臓器移植
第5章 終末期医療

著者等紹介

成澤光[ナルサワアキラ]
法政大学名誉教授、元国際基督教大学客員教授。日本政治意識史、生命政治論、公共政策論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

技術の発展が可能にした生殖補助医療、人工妊娠中絶、遺伝医療と再生医療、臓器移植、終末期医療の各テーマをめぐって、これまで国内外で積み重ねられてきた生命倫理の重要な論点を総ざらいし、公共政策の視点から問題の所在と妥当な対策を提示する。「自律性」「共生」「自然性」を原則とする著者独自の政策理念のもと、膨大な先行文献をふまえ、将来への展望を示す最良の研究・概説書。