市民の外交―先住民族と歩んだ30年

個数:

市民の外交―先住民族と歩んだ30年

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 205,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784588675164
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C0036

内容説明

私たちの活動で国を変えることもできる。それを証明した小さなNGOの記録。身近なマイノリティの問題から、日本の政治や社会の歪みが見えてくる。

目次

第1章 座談会 日本の市民運動の三〇年
第2章 論考 市民外交と民際外交
第3章 インタビュー 少しずつかかわり、人の輪を大きくする
第4章 論考 先住民族と国際連合・国際法の動き
第5章 座談会 先住民族の国連・国際機関への参加の三〇年
第6章 インタビュー 批判じゃありません。期待、希望ですよ
第7章 論考 アジアの先住民族と日本の市民運動
第8章 インタビュー 先住民族の視点から見た沖縄問題
第9章 論考 ボリビアの動きから考える地球環境問題と先住民族
第10章 インタビュー 「先住民族の権利」活動にかかわって
第11章 論考 先住民族の自己決定とグローバリズム

著者等紹介

上村英明[ウエムラヒデアキ]
熊本市生まれ。早稲田大学大学院経済研究科修了。現在、恵泉女学園大学教授・市民外交センター代表

木村真希子[キムラマキコ]
横浜市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。ジャワーハルラール・ネルー大学にてPh.D取得(社会学)。現在、大学非常勤講師、ジュマ・ネット運営委員、ナガ・ピース・ネットワーク世話人、市民外交センター副代表

塩原良和[シオバラヨシカズ]
埼玉県生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。現在、慶應義塾大学教授。市民外交センター事務局(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。