グローバル化シンドローム―変容と抵抗

個数:

グローバル化シンドローム―変容と抵抗

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 373p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588675058
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C3030

出版社内容情報

急激なグローバル化の波は,何をもたらしつつあるか。どのような矛盾と問題を引き起こしているか。複合的な諸過程,包括と対立と抵抗の実態を広範な調査から解明。

内容説明

急激なグローバル化の波は近年、シアトル・ジェノヴァ・メルボルン・ソウルなど世界の主要都市で、IMF・WTOや世界銀行の会議のつど反対デモを引き起こしてきた。本書は、その複合的な諸過程・諸活動、矛盾と対立をはらむ力学の解明を目指す。国際分業つまり労働と権力の分割、移住・貧困の実態、新リージョナリズムの動向、各地での反応の位相を検討して、「包括」と「排除」のシンドロームを明らかにする。ポランニー、グラムシ、ブローデルに依拠し、東部アジアと南部アフリカを中心に100以上の地域での調査を踏まえて、抵抗の文化と「新自由主義の倫理とグローバル化の精神」をも問う。

目次

グローバル化の力学
第1部 労働と権力のグローバルな分割(国際分業を再考する;グローバル化と移住;グローバルな貧困とジェンダー;マージナル化:モザンビークにおける市場の開放)
第2部 リージョナリズムとグローバル化(「新リージョナリズム」;グローバル・ヘゲモニーとリージョナリズム;グローバル化へのサブリージョナルな反応)
第3部 グローバル化に対する抵抗(グローバル化に対する抵抗―その概念化;環境型抵抗政治;グローバルな組織犯罪;結論:満足派と不満派)

著者等紹介

ミッテルマン,ジェームズ・H.[ミッテルマン,ジェームズH.][Mittelman,James H.]
1944年生まれ。現在、アメリカン大学(ワシントン)の国際サービス大学院教授。ニューヨーク州立大学、コロンビア大学などで国際関係論や国際政治学を講じ、またマレーシアや南アフリカをはじめ海外の諸大学の教壇に立つなど国際的に活動している。2000年に立命館大学国際関係学部の客員教授として来日もしている

田口富久治[タグチフクジ]
名古屋大学名誉教授

松下冽[マツシタキヨシ]
立命館大学国際関係学部教授

柳原克行[ヤナギハラカツユキ]
立命館大学非常勤講師

中谷義和[ナカタニヨシカズ]
立命館大学法学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。