ジャーナリスト 後藤健二―命のメッセージ

個数:

ジャーナリスト 後藤健二―命のメッセージ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588672163
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0036

内容説明

二〇一五年一月、IS(イスラーム国)による日本人人質拘束事件で命を落とした後藤健二。わが身を危険にさらしながらも、約二〇年にわたって世界の紛争地を取材し、戦禍と人権侵害に苦しむ子どもたちに寄り添う報道をやめなかった動機とはどのようなものだったのか。同じフリーの映像ジャーナリストで、志を共にする親友であった著者が、人間・後藤健二が命をかけて伝えたかった真実を描く。

目次

第1章 ジャーナリストという職業
第2章 ジャーナリスト・後藤健二ができるまで
第3章 人としての信念
第4章 私たちの知らなかった後藤さん
第5章 ジャーナリズムの意義
第6章 最後の取材

著者等紹介

栗本一紀[クリモトカズノリ]
パリ在住の映像作家・ドキュメンタリー映画監督。1961年大阪生まれ。カナダのトロント、アメリカのニューヨークで映像制作を学び、スペインChestnut Corporation代表、中国BlueSky広告有限公司副総経理、フランスのTHE NET TV inc.取締役などを歴任。また、80年代より南米のスラム街でユニセフ(国連児童基金)のドキュメンタリーなどを撮り始め、その後、映像ジャーナリストとして世界各地に赴く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2015年1月、ISによる人質拘束事件で命を落とした後藤健二。紛争地の子どもたちに寄り添い続けたその取材・報道の真実を、親…2015年1月、IS(イスラーム国)による日本人人質拘束事件で命を落とした後藤健二。わが身を危険にさらしながらも、約20年にわたって世界の紛争地を取材し、戦禍と人権侵害にあえぐ子どもたちに寄り添う報道をやめなかった動機とはどのようなものだったのか。同じフリーの映像ジャーナリストで、志を共にする親友であった著者が、人間・後藤健二が命をかけて伝えたかった真実を描く。

まえがき



序 章



第1章 ジャーナリストという職業



 ジャーナリストとは

 映像ジャーナリストの仕事の流れ

 ジャーナリストと現場の取材

 難民キャンプでの撮影

 テレビ報道の世界

 戦場ジャーナリズムについて考える



第2章 ジャーナリスト・後藤健二ができるまで



 ジャーナリズムとの出会い

 ジャーナリストとしての歩み



第3章 人としての信念



 ジャーナリストのあるべき姿

 取材を重ねるなかで

 後藤さんの信仰心



第4章 私たちの知らなかった後藤さん



 イラクでの体験

 もうひとつのイラク・ストーリー



第5章 ジャーナリズムの意義



 職業ジャーナリストの担う役割

 時代のメッセンジャー

 これからの時代のジャーナリスト像



第6章 最後の取材



 シリアの内戦

 後藤さんとの最後の会話

 後藤さんがISに向かった理由



終 章



あとがき

後藤健二 年譜

栗本 一紀[クリモト カズノリ]
パリ在住の映像作家・ドキュメンタリー映画監督。1961年大阪生まれ。カナダのトロント,アメリカのニューヨークで映像制作を学び,スペインChestnut Corporation代表,中国BlueSky広告有限公司副総経理,フランスのTHE NET TV inc.取締役などを歴任。また,80年代より南米のスラム街でユニセフ(国連児童基金)のドキュメンタリーなどを撮り始め,その後,映像ジャーナリストとして世界各地に赴く。2012年監督作品『禁じられた大地・フクシマ』は,ニューヨーク平和映画祭,リオ・デ・ジャネイロ世界映画祭など世界20都市以上で公式上映される。『気球に乗ったオーケストラ』(2011年)で,ハワイ・オーシャン・フィルム・フェスティバル最優秀アニメーション賞受賞。戦後70周年にあたる2015年には,広島と長崎の原爆をテーマに扱ったNHK長編ドキュメンタリー『キャノン・ハーシー“ヒロシマ”への旅(前・後編)』を制作。