資本論五十年〈下〉 (改装版)

個数:

資本論五十年〈下〉 (改装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月23日 22時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 46判/ページ数 556p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588641077
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0023

内容説明

下巻では、東大社研時代から法大教授を去るまでの人と生活、学問と思索が語られ、著者の『資本論』研究の成果をなす『経済原論』をめぐってその成立過程と問題点がつぶさに回顧・検討される。宇野理論の形成・発展のプロセスがここに初めて明らかになると同時に、マルクス経済学の根本問題に論究する。

目次

日本貿易研究所と三菱経済研究所
戦後における『資本論』研究の復活
『価値論』に対する批評への反批判―『価値論の研究』
『経済原論』とその問題点(序論;流通論;生産論;分配論(利潤)
分配論(地代、利子))
法政大学に十年

著者紹介

宇野弘蔵[ウノコウゾウ]
1897年倉敷に生まれる。東京帝国大学経済学部卒業後、ドイツに留学。帰国後、東北帝国大学助教授。1938年人民戦線事件に連坐。日本貿易研究所、三菱経済研究所勤務を経て、戦後東京大学社会科学研究所教授、法政大学教授を歴任。1977年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

下巻は,東大社研時代から法政大学を去るまでの学問と思索を語り,『資本論』研究成果をなす『経済原論』をめぐり,問題点を検討す…下巻では,東大社研時代から法政大学を去るまでの学問と思索を語り,著者の『資本論』研究の成果をなす『経済原論』をめぐって,その問題点をつぶさに検討する。

第十一章 日本貿易研究所と三菱経済研究所

第十二章 戦後における『資本論』研究の復活

第十三章 『価値論』に対する批評への反批判──『価値論の研究』

第十四章 『経済原論』とその問題点(その一)──序論

第十五章 『経済原論』とその問題点(その二)──流通論

第十六章 『経済原論』とその問題点(その三)──生産論

第十七章 『経済原論』とその問題点(その四)──分配論(利潤)

第十八章 『経済原論』とその問題点(その五)──分配論(地代、利子)

第十九章 法政大学に十年

宇野 弘蔵[ウノ コウゾウ]
1897年倉敷に生まれる。東京帝国大学経済学部卒業後,ドイツに留学。帰国後,東北帝国大学助教授。1938年人民戦線事件に連坐。日本貿易研究所,三菱経済研究所勤務を経て,戦後東京大学社会科学研究所教授,法政大学教授を歴任。1977年死去。『宇野弘蔵著作集』(全11巻,岩波書店),『恐慌論』『経済原論』(岩波文庫),『資本論に学ぶ』『社会科学としての経済学』(ちくま学芸文庫)ほか。