資本論五十年〈上〉 (改装版)

個数:

資本論五十年〈上〉 (改装版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 564p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588641060
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0023

出版社内容情報

『資本論』研究一筋に歩んできた著者の自伝。上巻は,はじめて『資本論』を読んだ学生時代から労農派教授グループ事件までを語る。経済学の学問的確立をめざし,『資本論』研究一筋に歩んできた著者の自伝。上巻は,はじめて『資本論』を読んだ学生時代から労農派教授グループ事件までを語る。

はしがき

第一章 社会主義を知る

第二章 高校、大学の学生として

第三章 大原研究所

第四章 はじめて『資本論』を読む

第五章 『資本論』研究の第一歩

第六章 『資本論』第二巻に学ぶ

第七章 『資本論』の難問

第八章 経済政策論の体系化

第九章 東北大学の先生、友人、学生

第十章 いわゆる労農派教授グループ事件

宇野 弘蔵[ウノ コウゾウ]
1897年倉敷に生まれる。東京帝国大学経済学部卒業後,ドイツに留学。帰国後,東北帝国大学助教授。1938年人民戦線事件に連坐。日本貿易研究所,三菱経済研究所勤務を経て,戦後東京大学社会科学研究所教授,法政大学教授を歴任。1977年死去。『宇野弘蔵著作集』(全11巻,岩波書店),『恐慌論』『経済原論』(岩波文庫),『資本論に学ぶ』『社会科学としての経済学』(ちくま学芸文庫)ほか。

内容説明

経済学の学問的確立をめざし、独自な視角から『資本論』研究一筋に歩んできた著者の研究史的自伝。上巻では、学生時代、大原社研、ベルリン留学、東北大学教授時代、労農派教授グループ事件までを取り上げ、『資本論』との出会いから「経済政策論」体系化までの研究生活、著者の人と思想が語られる。

目次

第1章 社会主義を知る
第2章 高校、大学の学生として
第3章 大原研究所
第4章 はじめて『資本論』を読む
第5章 『資本論』研究の第一歩
第6章 『資本論』第二巻に学ぶ
第7章 『資本論』の難問
第8章 経済政策論の体系化
第9章 東北大学の先生、友人、学生
第10章 いわゆる労農派教授グループ事件

著者等紹介

宇野弘蔵[ウノコウゾウ]
1897年倉敷に生まれる。東京帝国大学経済学部卒業後、ドイツに留学。帰国後、東北帝国大学助教授。1938年人民戦線事件に連坐。日本貿易研究所、三菱経済研究所勤務を経て、戦後東京大学社会科学研究所教授、法政大学教授を歴任。1977年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

元よしだ

4
歴史に名をのこす天才の勉強法、参考になりました。 以下引用 当時の論壇で始終論戦があったので、これも必ず自分の「資本論」の勉強に活用した。そのたびに、「資本論」の問題の箇所を繰り返し読むわけです。いろんな雑誌に、地代論が問題になるとか、価値論が論争されれば、そこでもう一ぺん自分も「資本論」を読み直す。それはしじゅう、論文が出るたびにやったのです。それで「資本論」を幾度も読むことになった。「資本論」を最初から通して読んだのは一回きりで、あとはみんな断片的に繰り返して、その代わり同じところを何べんも読む。2020/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11817136
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。