政治学の批判的構想―ジェンダーからの接近

個数:

政治学の批判的構想―ジェンダーからの接近

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625350
  • NDC分類 311
  • Cコード C3031

内容説明

男性優位の主流政治学が見落としてきたものとはなにか。叛骨の精神が組み込まれたジェンダー概念を用い、リベラリズムとデモクラシーに内在する不平等を解き明かす。

目次

第1章 フェミニズムとジェンダー
第2章 「性」の支配―女性はなぜ敗北したのか
第3章 「労働」の支配―ジェンダー役割分業観念はいかに構想されたのか
第4章 リベラリズムにおける排除と包摂―平等のディレンマ
第5章 リベラリズムにおける平等と差異―「積極的平等」をめぐる批判と反論
第6章 ジェンダー不在の市民社会―フェミニストの批判
第7章 市民社会の再構想―「重なり合う、切れ目のない世界」の提案
第8章 リベラル・デモクラシーの不平等―議会における過少代表
第9章 リベラル・デモクラシー再訪―議会代表と議会外代表

著者等紹介

衛藤幹子[エトウミキコ]
法政大法学部政治学科教授。政治学博士。専門はフェミニスト政治学。女性の政治的代表性とジェンダー・クオータに関する国際比較、ジェンダーと市民社会・民主主義、分析概念としての「ジェンダー」の有効性をテーマに研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

常識を疑う叛骨の精神が組み込まれたジェンダー概念を用い、主流政治学やリベラリズム、デモクラシーに内在する不平等を解き明かす。女性はなぜ生きづらいのか。常識を疑う叛骨の精神が組み込まれたジェンダー概念を用い、政治学に埋め込まれた男性の優位性、女性に対する抑圧と排除、男性と女性の不公平な関係に焦点を当て、市民社会やリベラル・デモクラシーに内在する不平等を解き明かす。政治学の土俵でフェミニスト・アプローチの可能性を探る。

序章

第一章 フェミニズムとジェンダー

 1 第一波フェミニズム──女性の権利獲得運動

 2 第二波フェミニズム──女性解放運動

 3 多様化の時代のフェミニズム──「再分配」から「承認」へ

 4 分析概念としてのジェンダー

 結語

第二章 「性」の支配──女性はなぜ敗北したのか

 1 支配システムとしての「家父長制」

 2 家父長制と資本主義

 3 家父長制の起源

 4 家父長制の定着

 結語

第三章 「労働」の支配──ジェンダー役割分業観念はいかに構想されたのか

 1 西洋社会の女性と労働

 2 ブルジョワ階級女性をめぐる労働と生活の変化

 3 資本主義はなぜ「ジェンダー役割分業」を必要としたのか

 4 ジェンダー役割分業の行方

 結語

第四章 リベラリズムにおける排除と包摂──平等のディレンマ

 1 フェミニストのシティズンシップをめぐる議論

 2 古典的リベラリズムの排除の論理

 3 ソーシャル・リベラリズムの二面性

 4 普遍的平等の不平等

 結語

第五章 リベラリズムにおける平等と差異──「積極的平等」をめぐる批判と反論

 1 積極的平等政策

 2 機会の平等、能力主義への挑戦

 3 不名誉な烙印

 4 派閥の台頭

 5 本質主義への回帰

 結語

第六章 ジェンダー不在の市民社会──フェミニストの批判

 1 市民社会概念

 2 市民社会と女性

 3 フェミニストの市民社会(論)批判

 結語

第七章 市民社会の再構成──「重なり合う、切れ目のない世界」の提案

 1 アイリス・ヤングの市民社会モデル

 2 ヤングの三層モデルの効果

 3 ヤングの三層モデルの課題

 4 重なり合う、切れ目のない世界

 結語

第八章 リベラル・デモクラシーの不平等──議会における過少代表

 1 リベラル・デモクラシーの不平等

 2 政治社会の先住集団と後続集団

 3 女性議員の多寡を左右する要件

 結語

第九章 リベラル・デモクラシー再訪──議会代表と議会外代表

 1 記述代表と実質代表

 2 議会を越える女性の政治代表

 3 議会外代表の強調が引き起こす問題

 4 議会代表の潜在力

 結語

終章

参照文献

あとがき

索引

衛藤 幹子[エトウ ミキコ]
法政大学法学部政治学科教授。政治学博士。専門はフェミニスト政治学。女性の政治的代表性とジェンダー・クオータに関する国際比較、ジェンダーと市民社会・民主主義、分析概念としての「ジェンダー」の有効性をテーマに研究。
主要業績:『ジェンダー・クオータ?世界の女性議員はなぜ増えたのか』(三浦まりとの共編、明石書店、2014年);“Women’s Movements in Japan: the Intersection between Everyday Life and Politics”, Japan Forum, Vol. 17: No. 3 (2005); “Women and Representation in Japan: The Causes of Political Inequality”, International Feminist Journal of Politics Vol. 12: No. 2 (2010); “Reframing Civil Society from Gender Perspectives: A Model of a Multi-layere…