人間存在の国際関係論―グローバル化のなかで考える

個数:

人間存在の国際関係論―グローバル化のなかで考える

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 317,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625282
  • NDC分類 319
  • Cコード C1031

内容説明

国際関係―それは「人間」の関係である。国家のあり方を根底から揺るがしたグローバル化の混迷と悲劇を乗り越えるには?「今ここ」に生きる一人の人間を出発点に、国際関係の新たな可能性を照らし出す。

目次

第1部 グーバル化と人間存在の変容(アメリカニゼーションとアメリカの「民主化支援」;「対テロ戦争」の兵士と家族;イランと米国―「文明間の対話」論をめぐって;新自由主義的グローバル化と福祉政策の衰退/再建;グローバリゼーションとアフリカの人々の暮らし―構造調整政策の影響を中心に;負債の生政治―グローバルな債務関係についての一考察)
第2部 人間存在の変容と国際関係の再編成(グローバル化と安全保障パラダイム転換―ガバナンスを問う安全保障観の形成過程;平和構築と紛争予防ガバナンス―東ティモールの治安部門改革(SSR)を事例として
子どもの権利と子どものための国際レジーム
インターネットの国際的な管理
旧ユーゴスラヴィアの終焉と人間存在の変容)

著者等紹介

初瀬龍平[ハツセリュウヘイ]
1937年生。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。神戸大学名誉教授、京都女子大学客員教授。国際関係論

松田哲[マツダサトル]
1968年生。神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程単位取得退学。京都学園大学教授。国際関係論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。