法政大学大原社会問題研究所叢書<br> 成年後見制度の新たなグランド・デザイン

個数:

法政大学大原社会問題研究所叢書
成年後見制度の新たなグランド・デザイン

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月16日 15時18分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 420p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625244
  • NDC分類 324.65
  • Cコード C1036

目次

第1部 日本の成年後見法制度の課題と改正の展望(成年後見制度の理念的再検討―イギリス・ドイツとの比較を踏まえて;現行成年後見制度と障がいのある人の権利に関する条約12条の整合性―「小さな成年後見」の視点から;家事事件手続法と成年後見事件における本人の手続上の地位と権能;消費者政策における「保護」と「自立」―経済法学の立場から ほか)
第2部 諸外国の法制度・社会制度からの示唆(イギリスにおける本人を代弁する公的サービス―IMCAの実践;イギリス社会における裁判所受託局の役割―社会的弱者を支援すべく活躍してきた公的財産管理機関;福祉国家フィンランドにおける成年後見制度―公的サービスとしての後見(公的後見)を中心に
フィンランドの成年後見制度―その現状と課題 ほか)

著者等紹介

菅富美枝[スガフミエ]
法政大学経済学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。