植民地独立の起源―フランスのチュニジア・モロッコ政策

個数:

植民地独立の起源―フランスのチュニジア・モロッコ政策

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 18時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 387,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625237
  • NDC分類 334.535
  • Cコード C3031

内容説明

20世紀半ばにアフリカ諸国は次々に独立を果たし、ヨーロッパ植民地帝国は解体する。フランスはなぜどこよりも早く独立という政治的選択をしたのか。英米や国連、世界各国を巻き込んだ駆け引きの一部始終。

目次

脱植民地化と独立
英仏の植民地政策と独立前史
ブルギバの七原則とフランス・チュニジア交渉 1950年~1951年
スルタンによる独立の要求 1950年10月‐1951年12月
チュニジア問題の国連討議 1952年1月‐12月
スルタンの廃位 1952年1月‐1953年8月
チュニジア国内自治 1953年1月‐1955年6月
モハメド五世の優位 1953年8月‐1955年10月
モロッコの独立 1955年10月‐1956年5月
チュニジアの独立 1955年6月‐1956年6月
チュニジア・モロッコの独立とその後

著者等紹介

池田亮[イケダリョウ]
1970年生まれ。1997年、一橋大学大学院法学研究科修士課程修了。2006年、ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)国際関係学部博士課程修了。Ph.D.関西外国語大学英語キャリア学部准教授。専門は国際関係史、国際関係論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。