対抗言論〈1号〉ヘイトの時代に対抗する―反ヘイトのための交差路

個数:

対抗言論〈1号〉ヘイトの時代に対抗する―反ヘイトのための交差路

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 20時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588616112
  • Cコード C0336

出版社内容情報

外国人差別、歴史の改竄、性差別や障害者・非正規労働者差別など、私たちの社会を取り巻くヘイトの体制を克服するための新雑誌、創…

目次

“座談会”日本のヘイト社会にいかに対抗しうるのか
特集1 日本のマジョリティはいかにしてヘイトに向き合えるのか(“われわれ”のハザードマップを更新する―誰が「誰がネットで排外主義者になるのか」と問うのか;あらゆる表現はプロパガンダなのか?―汎プロパガンダ的認識の世界のなかで ほか)
特集2 歴史認識とヘイト―排外主義なき日本は可能か(歪んだ眼鏡を取り換えろ―「嫌韓」の歴史的起源を考える;戦後史の中の「押しつけ憲法論」―そこに見られる民主主義の危うさ ほか)
特集3 移民・難民/女性/LGBT―共にあることの可能性(不寛容の泥沼から解放されるために―雨宮処凛氏インタビュー;フェミニズムと「ヘイト男性」を結ぶ―「生きづらさを生き延びるための思想」に向けて ほか)
反ヘイトを考えるためのブックリスト42

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

0
2019年12月25日初版第1刷発行 編集委員:杉田俊介/櫻井信栄 編集協力:川村湊 編集者:郷間雅俊 スタッフ:藤原侑貴 発行所:一般財団法人法政大学出版局 組版:HUP 印刷・製本:日経印刷 定価:本体1800円+税2020/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14850528

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。