サピエンティア<br> 出版帝国の戦争―不逞なものたちの文化史

個数:
  • ポイントキャンペーン

サピエンティア
出版帝国の戦争―不逞なものたちの文化史

  • 高 榮蘭【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 法政大学出版局(2024/05発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 160pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月14日 01時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 362p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603730
  • NDC分類 023.1
  • Cコード C3321

出版社内容情報

帝国日本の出版市場は合法/非合法を問わず、植民地の人々を積極的に読者として包摂しようとした。朝鮮人にとって日本語は抑圧する言語であり、抵抗の思想を学ぶための言語であり、娯楽のための言語でもあった。『戦旗』や『キング』、マルクスやレーニン、金子文子や火野葦平、林芙美子らの思考や文学が、発禁本とともに帝国の支配圏でいかなる思想や文化を醸成したのか、多彩な作品から読み解く。

内容説明

当局の厳しい取り締まりにあった書物も、玄界灘を行き来しながら露店や貸本屋、回し読みなど非公式ルートでしたたかに生き延びていた事実に着目する。

目次

第1章 プロレタリア
第2章 図書館
第3章 不逞鮮人
第4章 検閲
第5章 資本
第6章 植民地
第7章 翻訳
第8章 戦争

著者等紹介

高榮蘭[コウヨンラン]
韓国光州広域市生まれ。2003年日本大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、日本大学文理学部教授。近現代日本語文学、翻訳、ポストコロニアル文学研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。