サピエンティア<br> 多文化主義の政治学

個数:

サピエンティア
多文化主義の政治学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588603594
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C3031

内容説明

政治史と政治思想から多文化主義をとらえる。アメリカやフランス、ボスニアなど7カ国の事例と理論から、問題点や限界も含めて多角的に考察した第一線の政治学者による共同研究。

目次

第1部 多文化主義の政治理論(リベラルな多文化主義の形成と展開;多文化主義とデモクラシー)
第2部 現代多文化主義の形成と展開(アメリカの多文化主義と社会福祉政策;ベルギーの多文化政策と移民問題;フランスにおけるムスリムの平等―カラー・ブラインドな「差別との闘い」と「信教の自由の保障」)
第3部 現代多文化主義の拡大と進化(オーストリアとドイツにおける国家とムスリム―社団的統合対リベラリズム;ロシア多民族連邦制と「多文化主義」―帝国と民族自決のあとで;ボスニアにおける多民族主義と民族主義)

著者等紹介

飯田文雄[イイダフミオ]
1961年生まれ。神戸大学大学院法学研究科・教授(政治学原論、現代政治理論、西洋政治思想史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

異なる背景を持った文化を容認し共存をはかる多文化主義という立場は、1980年代以降、政治的言説で一定の市民権を獲得してきた。リベラリズムやデモクラシーとのかかわり、その進化と展開、問題点などを理論と事例研究により検討する。具体的事例としてアメリカ、ベルギー、フランス、オーストリア、ドイツ、ロシア、ボスニアを取り上げ、日本の第一線の政治学者8名が多角的な考察を提示する。