サピエンティア<br> 文化のハイブリディティ

個数:

サピエンティア
文化のハイブリディティ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603266
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C1320

内容説明

新しい文化のかたち、“世界のクレオール化”を歴史的な視野のもとに展望する。

目次

第1章 多様な対象
第2章 多様な用語
第3章 多様な状況
第4章 多様な反応
第5章 多様な帰結

著者等紹介

バーク,ピーター[バーク,ピーター][Burke,Peter]
1937年イングランド生まれ。文化史家。オクスフォード大学時代はK.トマスのもとで歴史を学び、同大学院ではH.トレヴァー=ローパーを指導教官とする。サセックス大学講師ののち、1979年からケンブリッジ大学。現在は同大学エマニュエル・コレッジ名誉教授。現代の文化史研究の第一人者といわれ、外国語に翻訳されている著作の数がもっとも多いといわれる現代イギリスを代表する知識人のひとり

河野真太郎[コウノシンタロウ]
1974年生まれ。専門はイギリス文学と批評理論。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得退学。現在、一橋大学大学院商学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うえ

8
「現代における、異種混淆性を肯定するリベラルな良心の背後には、植民地主義や民族浄化の悪魔的な記憶が疚しさとして存在しており、疚しさを基礎とする政治にありがちなように、それは新たなドグマを招来することもあるのだ。端的に言えば、アメリカを中心とする現代にあって、異種混淆性を認めないのは彼岸の「彼ら」であり、それに対してリベラルな「われわれ」は異種混淆性を理解し、許容し、実践するのだという、それ自体ドグマ的な鏡像関係を呼びこむのである。異種混淆性の要である本質主義批判と…原理主義批判が合流する恐ろしい可能性…」2019/10/18

ゆういち

0
読んでいてひっかかったのは、28ページ。複数的な異種混淆化の例として。「レゲエは1970年代にジャマイカで生じ、それ以来、ドイツから日本まで世界の多くの場所を征服した音楽の形式だ(ちなみに日本では、現地のお祭りである「お盆」に結び付けられた音楽によって準備された、文化的な認識の枠組みを通して受容されているようだ)。」という点。2012/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5466559

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。