サピエンティア<br> 半開きの“黄金の扉”―アメリカ・ユダヤ人と高等教育

個数:

サピエンティア
半開きの“黄金の扉”―アメリカ・ユダヤ人と高等教育

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603075
  • NDC分類 316.88
  • Cコード C3336

内容説明

なぜ、苗字がグリーンバーグだと大学に入れないのか?高等教育での“平等”を求めたユダヤ人の運動とは…。一九一〇年代末から一九四〇年代中ごろにかけてアメリカ合衆国の高等教育機関においておこなわれたユダヤ人学生「割当制(quota system)」の具体像を明らかにするとともに、それを克服しようとするユダヤ人の活動から、彼らの「平等」観およびアメリカ社会の統合の理想像を探った。

目次

第1章 高等教育をめぐるユダヤ人の社会史―前史と問題提起
第2章 ユダヤ人学生「割当制」とその展開
第3章 「割当制」廃止運動とユダヤ人団体
第4章 世俗的ユダヤ人大学の創設―「割当制」をめぐる議論から
第5章 ブラウン判決への道のり
第6章 「割当」の現代的視点

著者等紹介

北美幸[キタミユキ]
1972年、福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部外国文学科英文学英語学専攻卒業。日本学術振興会特別研究員(DC1)、メリーランド大学大学院(国際ロータリー財団1学年度奨学生)を経て、九州大学大学院比較社会文化研究科博士後期課程単位取得退学。博士(比較社会文化)。現在、北九州市立大学外国語学部国際関係学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。