現代社会研究叢書<br> 規範理論の探究と公共圏の可能性

個数:

現代社会研究叢書
規範理論の探究と公共圏の可能性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月08日 20時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 270p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588602559
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3330

目次

第1部 基礎理論的考察(社会制御過程における道理性と合理性の探究;リベラル・デモクラシーの危機と刷新―熟議は制度化できるか;規範理論、討議民主主義的政治、アソシエーション;公共性と熟議民主主義を分離・再接続する―「ミニ・パブリックス」の可能性;正義の作動と共同性―公共圏と「範囲」をめぐる理論的考察;経済学における個人の合理性と公共性)
第2部 社会問題解決過程の分析(不正義の感覚にもとづく問責‐答責関係の形成―規範概念としての「社会」の構想;硬直化する規範とその再流動化―ジンメルとハーバーマスの思想を中心に;市民による公共的意見形成過程―まちづくりの会話分析をとおして;自治体財政と公共圏形成の不十分性―夕張市財政破綻の財政社会学的分析)

著者等紹介

舩橋晴俊[フナバシハルトシ]
1948年生まれ。現在、法政大学社会学部教授

壽福眞美[ジュフクマサミ]
1947年生まれ。現在、法政大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。