越境・離散・女性―境にさまよう中国語圏文学

個数:

越境・離散・女性―境にさまよう中国語圏文学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 18時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588495151
  • NDC分類 920.27
  • Cコード C1090

出版社内容情報

十五年戦争下の満州・日本・北京を往来し人気を博した梅娘、同じく大戦下の香港・上海で活躍したのちアメリカへと渡った張愛玲、そして難民の子として台湾に生まれアメリカ、ドイツ、香港を渡り歩く現代の人気作家・龍應台。中国を襲った二十世紀の戦火に運命を決定づけられ、故郷と異郷、妥協と抵抗、歴史と記憶の境にその文体を確立した三人の女性作家の分析を中心に、文学とアイデンティティの問題に迫る。

内容説明

はかりしれぬほどの傷、書かずにはいられぬ衝動。梅娘、張愛玲、龍應台ら二十世紀の戦火にその運命を決定づけられた中国語圏文学者の軌跡を辿る。

目次

第1部 梅娘―越境の軌跡(梅娘と満州文壇;異邦での文学修行;梅娘と北京文壇)
第2部 淪陥・葛藤・離散の怨(淪陥区の女性作家;戦時下に揺れた文学者たち;張愛玲の異域想像と離散への「怨」)
第3部 異郷・灰色・ポストメモリー(北京の台湾文人三銃士;灰色の影に覆われた『日本研究』;龍應台における離散とポストメモリー)

著者等紹介

張欣[チャンシン]
1966年生まれ。北京大学中国言語文学部中国文学科および東洋言語文学部日本言語文化科(第二専攻)卒業。北京大学大学院中国文学科中国近代文学専攻修士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻博士課程修了。東京大学東洋文化研究所研究機関研究員を経て、法政大学経済学部教授。専攻は中国近代文学・華人文学。長安の筆名で随筆等がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件