「恩恵の論理」と植民地―アメリカ植民地期フィリピンの教育とその遺制

個数:

「恩恵の論理」と植民地―アメリカ植民地期フィリピンの教育とその遺制

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 22時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 322,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588377129
  • NDC分類 372.248
  • Cコード C3022

内容説明

教育を植民地への「恩恵」とみなすアメリカの歴史認識は錯綜する評価のなかで残存しつづけた。アメリカ植民地期フィリピンにおける教育の理念と矛盾を検証し、近代植民地主義とその遺制を問い直す。

目次

序章 アメリカ植民地期フィリピンと植民地教育を問い直す
第1章 アメリカ植民地主義と言語
第2章 制度としての「恩恵」
第3章 アメリカ人教員とフィリピン人教員
第4章 フィリピン人教員層と市民教育
第5章 抗争する歴史―植民地の地理・歴史教育
第6章 フィリピン学校ストライキ論
第7章 反フィリピン人暴動とその帰結
終章 植民地主義は継続しているか―二一世紀のフィリピン社会とフィリピン人

著者等紹介

岡田泰平[オカダタイヘイ]
1971年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了。現在、静岡大学大学院情報学研究科講師。フィリピン史、アメリカ史、近代植民地主義研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くまパワー

2
岡田先生の博士論文で、原題は『関係性の歴史学にむけて』。これを読むとやはり分析の流れは極めてすごいと思う。制度史ー史学史ー心性史という順番で、アメリカが作り上げた近代的植民地教育制度を分析し、アメリカとフィリピン教員の回想録に基づき越境の体験と教育実践を読み解き、そして学校ストライキを例として植民地教育の恩恵の論理と現実の矛盾を指摘した。フィリピン「植民地的近代」の根底には植民地教育の問題を明らかにし、大量の資料を駆使してその複雑な様相を見事に描き切った。546頁の博論やはりすごいし、大変勉強なりました。2022/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8231190
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。