海洋貿易とイギリス革命―新興貿易商人の宗教と自由

個数:

海洋貿易とイギリス革命―新興貿易商人の宗教と自由

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月05日 19時53分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588375026
  • NDC分類 233.052
  • Cコード C3022

内容説明

交易の自由と信教の自由が促した帝国の拡大。イギリス革命期の新興貿易商人や非国教徒の活動を丹念に追い、ロックの植民地主義容認に至る過程を考察する。

目次

第1章 ロンドン商人社会の動向とピューリタン革命
第2章 ピューリタン革命とアイルランド
第3章 ピューリタン植民地帝国―西インド諸島・プロヴィデンス島会社
第4章 ピューリタン革命と「商船船乗り」層―軍事財政国家の出発点
第5章 クロムウェルと「意図せざる」植民地帝国
第6章 「ゼクテ」原理と「信教の自由」への道―バプテスト派貿易商人W・キッフィンの場合
第7章 「新興貿易商人」ウィリアム・キッフィン
第8章 ウィリアム・キッフィンとジョン・ロック―交友・取引関係の記録が意味するもの
補論 「デヴォンシア・スクエア・バプテスト教会」教会員の社会経済史的分析

著者等紹介

大西晴樹[オオニシハルキ]
1953年北海道生まれ。明治学院大学経済学部教授(西洋経済史、イギリス革命史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ピューリタン革命、名誉革命を通じて新興貿易商人が主張した交易の自由は、非国教徒が主張した信教の自由の論理と重なり、アイルランドや西インド諸島まで含めたブリテン帝国の形成に貢献した。パティキュラー・バプテスト派の商人ウィリアム・キッフィンの活動をつうじて、ロックの「労働に基づく所有」論にいたる17世紀イギリス思想の変遷を考察する。