叢書・沖縄を知る<br> 新琉球国の歴史

個数:

叢書・沖縄を知る
新琉球国の歴史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784588321306
  • NDC分類 219.9
  • Cコード C1021

内容説明

東アジア世界のなかの琉球を再考する。本州とは異なる独自の国家形成と対外関係を持つ琉球国を、主に中国との関係に重点を置きながら論じる。

目次

琉球国の成立・展開・終焉
南島における国家形成(先史文化;グスク ほか)
琉球統一国家の成立と展開(正史による王統の記述;思紹・巴志の政権確立と王統 ほか)
東アジア世界の変容と琉球(明朝の衰退と琉球;応仁の乱と日明・日琉関係の変化 ほか)
近世の琉球国(琉球仕置;向象賢の政治―琉球国の近世的改革 ほか)
琉球国の終焉(琉球藩の設置;台湾出兵と互換条款の訂約 ほか)

著者等紹介

梅木哲人[ウメキテツト]
1939年、鹿児島県生まれ。1972年、東京教育大学大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了。長岡工業高等専門学校教授/鹿児島女子大学文学部教授/志學館大学人間関係学部教授。1987年、法政大学沖縄文化研究所兼任所員/現在同研究所客員所員。著書『近世琉球国の構造』(第一書房、2011年)にて第10回「徳川賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。