われ科学者たるを恥ず

個数:

われ科学者たるを恥ず

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 321p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588316180
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1023

内容説明

少年時代の思い出から仙台時代における実用数学の提唱、大阪・東京時代の数学教育や数学史にかかわる論考、さらにはファシズムとの闘いと屈服、それへの反省にもとづく戦後の発言まで。科学的理性と批判的精神に貫かれた生涯を示す論考および発言を収録する。

目次

われ科学者たるを恥ず―「明治以来、日本の科学は非常な進歩をとげた」などとはげしい恥辱なしには書けぬ
1 「家」の重圧に抗して―一八八五~一九一〇(小学生のころ;中学生のころ ほか)
2 科学の大衆化をめざして―一九一〇~一九三六(東北帝国大学数学科助手;実用数学の提唱 ほか)
3 ファシズムとの闘い―一九三六~一九四五(自然科学者の任務;科学的と歴史的 ほか)
4 戦後民主主義とともに―一九四五~一九六二(自然科学者の反省;わたくしのすきな人 ほか)

著者等紹介

小倉金之助[オグラキンノスケ]
1885年、山形県酒田町に生まれる。東京物理学校、東京帝国大学化学選科に学ぶ。東京物理学校(現東京理科大学)講師、東北帝国大学数学科助手として教鞭を執り、理学博士の学位を得る。その後、塩見理化学研究所の所員に招聘されて大阪に赴き、大阪医科大学教授を兼務する。二年間のフランス留学の後、1932年より大阪帝国大学講師。1937年東京に移住し、戦後、民主主義科学者協会会長等を務めた。1962年、日本数学史学会会長に就任したが、その年、77歳で病没した

阿部博行[アベヒロユキ]
1948年、山形県鶴岡市に生まれる。早稲田大学教育学部卒業、山形県立庄内農業高等学校教諭。『小倉金之助』で第8回「真壁仁・野の文化賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。