ものと人間の文化史<br> 桃

個数:

ものと人間の文化史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 14時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588215711
  • NDC分類 625.51
  • Cコード C0320

内容説明

魔除けや若返りの力をもつ神聖な果実と言い伝えられ、近年古代遺跡から大量に出土して宮廷祭祀との関連が注目される桃。桃太郎や桃源郷の伝説、雛祭りなど、日本人との多彩な関わりを考察する。

目次

第1章 記紀万葉の桃とその呪力
第2章 桃の渡来と奈良・平安期の桃
第3章 三月三日の節供と桃
第4章 近世の桃の種類と江戸・京の桃見
第5章 近世以前の日本人が食べた桃
第6章 病を治し、癒す桃
第7章 語り継がれる桃
第8章 明治以後の桃の品種と栽培地

著者等紹介

有岡利幸[アリオカトシユキ]
1937年、岡山県に生まれる。1956年から1993年まで大阪営林局で国有林における森林の育成・経営計画業務などに従事。1993~2003年3月まで近畿大学総務部総務課に勤務。2003年より2009年まで(財)水利科学研究所客員研究員。1993年第38回林業技術賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

めぐみこ

3
桃の歴史や文化的側面、栽培品種に至るまで、ありとあらゆる角度から論じた一冊。こんなに奥深いものだったとは。かつては桜や梅ばかり持て囃され桃の人気はいま一つだったとか、堂々と文学に登場するようになったのが俳諧のおかげだとか、意外だった。明治に教科書に採用された桃太郎の説話が、時代の変化と共に軍国主義を称えるかのような内容となるのはぞっとした。2020/05/31

あじさい

0
まるまる1冊 桃づくし!しめ繩に付いている蘇民桃符もやはり桃の邪気を払いのける力からきているとは。 面白い1冊です。 桃好きの方は是非読んでみて下さい。桃博士になれちゃいますよ(笑)2012/03/21

ちー

0
毛毛(もも)。丁寧すぎるつくり。パラパラ読みですみません。2012/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4527477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。